久松達央さんと野村知司さんのトークイベント

著書『キレイゴトぬきの農業論』がベストセラー間違いなしの有機農家・久松達央さんと、
農家直送、鮮度・味でおススメする八百屋「やさいやふうど」の店長・野村知司さんの
トークイベントに行ってきました!

二人のお話を聴いて印象に残ったことは、次の2つです。

○ 「有機農産物だから」ではなく、「美味しいから」でリピーターになってほしい
○ 自分の考えを押し付けない情報発信を心掛けていること

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
食生活ジャーナリストの会・2013年度 第5回勉強会
『有機農家と八百屋が語る
キレイゴトなしの安全な野菜・うまい野菜』

● 日時 : 2013年10月29日(火) 18:30 ~ 20:00
● 場所 : 東京ウィメンズプラザ会議室
● 講師 : 久松達央(久松農園代表・有機農家)
       野村知司(「やさいやふうど」オーナー・八百屋)
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

久松さんが農家に転身して志したのは、
持ちつ持たれつで暮らしている畑の生き物を上手に利用して野菜を育てる農業。
生き物の数を減らさないように農薬を使わず、
生き物の種類を減らさないように輪作をする。
そして、生育適期に作った栄養価の高い採れたて野菜を顧客に直販するというスタイル。

野菜を育てるには、生育段階に応じて適切な栄養を施し、
病害虫を防ぐなど、生育に適した環境作りをする必要があります。
この環境作りの良し悪しは、野菜の美味しさを決める要素のひとつ。
たとえ有機栽培で野菜を作っても、これがうまくいかなければ美味しい野菜は作れません。

「美味しい野菜を作る」という目的が同じであるなら、
有機農業と慣行農業は、優劣のない平等な選択肢。

「有機農業をやりたい。だから、農薬を使わない」というのではなく、
「美味しい野菜を作るために選んだ手法が、有機農業に分類されるものだった」
と考えている印象を持ちました。

゜+.――゜+.――゜+.

また、お二人の顧客に対する情報発信は、
情報優位にある者が、そうでない者に対して説得するという方法ではありません。

「商品を購入するか否か」という顧客の意思決定の材料となる情報を提供して、
どう判断して行動するかは顧客に任せるという方法です。


ホームページ、ブログ、facebook、メルマガ等を使用して、
単に商品の紹介だけでなく、

○ どのようなコンセプトを持ち、商品を生産・揃えているか。
○ どんな考えを持ち、どのように行動しているか。
○ 農場・店舗の様子(作物の生育状況、栽培方法、仕事仲間はどんな人達か)

などが分かるように伝えています。

そして、興味を持って接触してきた顧客と会話をして、
納得していただけないなら、仕方がない。
納得していただけたら、その顧客にとって信頼できる農家・店であり続ける。
そのための商品の品質維持・向上、情報をブラッシュアップする努力をおこたらない。

この「狙った客層をガッチリ掴む」という手法は、
プレイヤーとしては少数派のニッチャーが生きていく術なのだと思いました。

゜+.――゜+.――゜+.

二人のお話を聴いて、

「有機農産物だから安全・安心、しかも美味しい」とか
「○○ホテルのレストランだから、まがい物は出さない」という発想ではなく、

「実際に、誰がどのように作っているか」
というプロセス重視の視点で物事を見ていくのが大切だという思いを新たにしました。

良いものを選択するために、食に対する感度を高くして、
信頼できる農家やお店を少しずつ見つけていく。
そうすれば、本当に安全で美味しいものにありつける機会は増えていくでしょう。

コミュニケーションを通じて、信頼できる繋がりを構築することは、
自分自身だけでなく、家族の食の安全を保つことにもなります。

久松さんや野村さんから野菜を買うという機会はなかなかありませんが、
お二人のような「野菜の品質に関して信頼できる人」が増えていけば、
昨今の食に対する不安が和らいでいくのではないでしょうか。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

【関連リンク集】

〓 食生活ジャーナリストの会 〓
HP :  http://www.jfj-net.com/


〓 久松達央(ひさまつ たつおう)さん関連 〓


◆ 久松農園 ホームページ
http://hisamatsufarm.com/

◆ 著書


キレイゴトぬきの農業論


〓 野村知司(のむら ともかず)さん関連 〓


◆ やさいやふうど BLOG
http://ameblo.jp/nom3-yukigaya/

◆ 10/17発売 別冊ESSEの付録「野菜のハンドブック」を監修


野菜がしっかり食べられるおかず


〓 参考文献 〓



子どもが自ら考えて行動する力を引き出す魔法のサッカーコーチング
ボトムアップ理論で自立心を養う


サッカー無名校を全国制覇に導いた名将・畑監督。
その指導法は、「練習メニューや試合での戦術・スタメン・選手交代などを選手同士の話し合いで決めさせる」、
「監督のアドバイスは、選手が出した結論を否定せず提案する程度にとどめる」というもの。
「言われたとおりにすればいい」ではなく、「選手に考えさせて気づかせる」ことを重視しています。
自ら考えて行動できる、創造性ある選手を育てるための一手法。
「自分の考えを押し付けない情報発信」のヒントになるかもしれません。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。
下のブログランキングのバナーをクリックして頂けると、とても嬉しいです♪

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村 にほんブログ村 野菜ソムリエ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

筆者より

ここは、私の食関連レポートの公開書庫。野菜・果物、素敵なレストラン&カフェ、スポーツ栄養学etc.について、私自身が、「将来、もう一度読み返したい」と思えるような文章を書けたときに掲載しています。
更新頻度は、年に数回程度になると思いますが、気が向いた時に遊びに来ていただければ幸いです。

プロフィール

平田 実

Author:平田 実
日本野菜ソムリエ協会認定
野菜ソムリエプロ (中級・緑)
中小企業診断士

子供の頃はかなりの偏食。「サラダを食べなさい、なんて言う人は鬼!!」だと思っていました。
それが今では野菜ソムリエ。人生、何が起こるか分からないものです。

四季折々の素材の味とハーモニーを楽しんだり、食に携わる人達と交流ができたり。好き嫌いを減らして色んなものが食べられるようになる楽しさを多くの人達に感じて欲しいと考えています。

【facebook】
minoru.hirata.306q

【Twitter】
@HenoruChan

カテゴリ

最新記事

カフェへの道しるべ

最新コメント

カウンター

ランキング参加中!!

月別アーカイブ

QRコード

QR

RSSリンクの表示

-----