スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山里の恵みを活かした家庭料理が楽しめるカフェ ~Mai Cafe~

田舎に移住した友人宅を訪問して、
料理上手な奥様の家庭料理をごちそうになっている感じがする。


家族の健康を考えて作った愛情いっぱいの料理をおすそ分けしていただいているようだ。

店内は、窓に向かって設置されたカウンター席のみ(8席)。
窓の向こうは、低い山に囲まれた田んぼが広がる房総ならではの農村風景が見える。
店外にはデッキ席。過ごしやすい時期は、日光と風を感じながら過ごすのもいいだろう。


印象に残ったメニューは、昼膳の「卵かけご飯」「まいほろ」
(この2品を食べるために通いたいと思うほど。近くだったら良かったのに…。)

昼膳は、地元の素材を活かした和定食。
ご飯は、おむすびor卵かけご飯、どちらかを選びます。
卵かけご飯の卵は、平飼いされた鶏の有精卵。
黒鳥、アローカナ(+50円)、うこっけい(+150円)から選べます。
私は、アローカナを選択。殻が青みがかっている。黄身の味は濃厚だが、しつこくない。

Mai Cafeさんが、卵かけご飯、玉子豆腐、プリンetc.で使用している卵は、
薬剤をほとんど投与していない平飼いされた鶏の有精卵。
やはり、十分な運動をしている鶏の卵は違う!
ご飯とたまごの相性がいいのは、共にこの場所でで生産されたものだからかな??
シンプルな卵かけご飯は、素材がよければごちそうになることを再認識しました。


「まいほろ」は、和テイストな洋菓子といった印象。
例えるならば、小布施堂の落雁を口どけ良いクッキーにしたような感じ。
(小布施堂の落雁は、北海道産の赤えんどう豆の粉を主原料に上質の砂糖を加え、
型にはめて乾燥させたもの。誤解を恐れずに言うと、きな粉を固めて作ったような
お菓子。もちろん、まいほろで使用している素材は、落雁と同じではありません。)

和三盆糖の優しい甘さと、口の中でホロッと崩れる食感が心地よい。
とても崩れやすいので、取り扱い注意!
優しい人は、大事にしなければならないのと同じです♪


Mai Cafe の料理からは、山里の生活を楽しんでいる様子が伝わってくる。

菜花のつぼみが黄色く染まり始めた頃には、菜花のからし和えを作り、
畑で取れた生姜でジンジャーエールを作る。
葛が花をつけたときには、花びらをお味噌汁に浮かべ、
山で実った桑の実でシフォンケーキを作る。

山里の恵みを活かした料理と窓から見える風景は、
忘れがちな季節の移り変わりを感じさせてくれるに違いない。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
【お店の情報】

↓↓↓ 下の文字をクリックすると、私が書いた写真付き道案内のページへ行きます。
『Mai Cafe への道標』



Mai Cafe(マイカフェ)




関連ランキング:カフェ | 上総大久保駅月崎駅



最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。
下のブログランキングのバナーをクリックして頂けると、とても嬉しいです♪

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ にほんブログ村 千葉食べ歩き
スポンサーサイト

Mai Cafe への道標

『千葉の森カフェ』の表紙を飾っている、Mai Cafeへ行ってきました。

mai cafe  mai cafe

Mai Cafe のランチやスィーツを写真付きで紹介するのを楽しみにしていたんですが、
メニューを開いたら、店内・店外撮影禁止の文字。


( ・ _ ・ )エッ‥?


そして、僕は途方に暮れる。
(ホームページに書いておいて欲しかったなぁ…。)


「カップヌードル、やけ食いしちゃうぞ!!」 って思うほどショックでしたが、
べにふうきの紅茶を飲みながら気を取り直し、
考えた結果は、これ!

『道標、再び』

Caffe macchinetta の時と同様に、
月崎駅からMai cafe までの写真付き道案内を掲載しようかなと。
徒歩30分ほどかかるので、歩いて行く人はまれだと思いますが、
「月崎ちぃ散歩」と考えて読んでくだされば幸いです。

レビューは、後日。短めにサクッとまとめようと思います。



1.小湊鉄道『月崎』駅。
クリスマスのイルミネーションが、たくさん飾ってあります。夜は綺麗だろうなぁ。

mai cafe

mai cafe

ちなみに、X'masの時期はこんな感じ【←このリンクは、2012年12月27日まで】



2.駅前のコンビニ(デイリーヤマザキ)を右折。


mai cafe



3.踏み切りを渡って、しばらく行くと…。

mai cafe



4.右側に『月崎農村公園』が見えてきます。

mai cafe



5.食堂『山登里』を右折【県道81号線へ】。

mai cafe



6.境橋を渡り、坂を上っていき…。

mai cafe


(ちなみに、境橋の下は、養老川。)

mai cafe



7.この標識のある三叉路を左折して
大多喜(オークビレッヂゴルフクラブ)方面へ向かいます【県道172号線へ】。


mai cafe mai cafe



8.たんぼ道を道なりに進み…

mai cafe



9.送電線の鉄塔が見えてきたら、道路の左側に注目。
  Mai Cafe の白い看板があるはずです。


mai cafe



10.この小路の先にMai Cafe があります。

mai cafe



月崎駅には、レンタサイクルがあります。
その名は、『100円チャリ』

mai cafe


「100円チャリ」は、高滝、里見、月崎の3駅に設置されていて、
周辺に点在する観光スポット(高滝湖・市民の森etc.)への足として使うのに便利です。
使用されている自転車は、放置自転車を再利用したもの。
小湊鉄道の車両と同じ色に塗装してあります。
料金は、100円。利用者が協力金箱へ自主的に入れます。

mai cafe mai cafe


なぜ、自主的なのかというと、
「100円チャリ」は、無人駅に設置されているレンタサイクルだから。
管理人不在で、十分にメンテナンスされているとは限らないため、
使用前に自分で点検する必要があります。



そして、昔懐かしい硬券。

mai cafe

有人駅だと買える可能性あり。
(私は、上総牛久と光風台で買ったことがあります。)
駅員さんや車掌さんが許可すれば、持ち帰ることもできます。

五井~養老渓谷方面を一日で往復するなら、
『一日フリー乗車券(大人:1700円 子ども:850円)』を購入した方が断然お得です。

駅や車内改札で駅名を言う時、
上総(かずさ)を省くと(ex.上総中野の場合、「中野まで」と言うと)、
地元民っぽく見えるかも??


↓↓↓ 下の文字をクリックすると、私が書いたレビューのページへ行きます。
『山里の恵みを活かした家庭料理が楽しめるカフェ ~Mai Cafe~』

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
【お店の情報】
Mai Cafe (マイカフェ)
千葉県市原市田淵1539
Tel  :  0436-96-1275
定休日 : 水・木曜 (臨時休業あり。詳細は、HPの“お知らせ” またはBLOGを参照。)
HP   :  http://maicafe.net/
BLOG :  http://m-cafe.blogspot.jp/

【Mai Cafeさんが掲載されている本の情報】
『千葉の森カフェ』 p.76 ~ 81
鈴木美也子/著   書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)/出版   定価:1400円+税

↓↓↓ 小湊鉄道の時刻表・料金etc.は、こちらへ。
〓 小湊鉄道 ホームページ 〓
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。
下のブログランキングのバナーをクリックして頂けると、とても嬉しいです♪

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ にほんブログ村 千葉食べ歩き

木の温もりを感じるカフェで、マイルドなエスプレッソを楽しむ。~ caffe macchinetta ~

農家の納屋をイメージした外観。
12席の小さな店内は、天窓から日光が差し込んで、とても明るい。
壁時計の音、静かに流れるBGM、そして、
オープンから約半年経った今でもかすかに木の香りのする空間に心が癒される。
手作り感がある木製テーブルは、時が経つにつれ味わいを増していくだろう。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

ここでは、店名にもなっている「マキネッタ」で淹れたエスプレッソが楽しめます。

macchinetta-c


「マキネッタ」は、イタリアの家庭で親しまれている直火式エスプレッソメーカー
コンロで熱したお湯の蒸気圧でコーヒーを抽出。
コポコポという音がしたら抽出完了の合図。

マシン抽出のエスプレッソと比べると、苦味が少なくコクがあります
コーヒーの粉のザラツキが若干残るけれど、
その分、コーヒー豆の味と油分をダイレクトに感じることができます。

コーヒーをブラックで飲む方、
特に、スタバでドリップコーヒー(本日のコーヒー)をよく飲むという方は、問題なく楽しめるでしょう。


そして、“カフェ・フレッド・シェケラート”
微糖のエスプレッソと氷をカクテルのシェーカーに入れてシェークしたものです。
ミルク入りの“カフェ・フレッド・シェケラート・コン・ラッテ”もあります。
泡を楽しんで頂きたいという意図で、ストローは付きません。

普通のアイスコーヒーと決定的に違うのは、氷が入っていないこと。

製作過程では氷を使いますが、グラスには入れないので、
コーヒーの味が薄くなりません

普通のアイスコーヒー、アイス カフェ・オ・レも、
味が薄くならないように、氷の使用量は必要最少限に抑えています。
(だから、氷が少ない分、コーヒーの量が多いということになります。)
ご主人が、コーヒーの味を大事にしていることが分かります。


ランチは、肉の煮込み料理が中心。
軟らかく煮込まれた肉は、マイルドな優しい味わい。

ランチは数量限定。なくなり次第終了ですが、
材料があれば、午後3時以降でも注文可能です。
日によって、ご飯とパンが一緒についてくる場合があります。
これには、パンにソースを付けて食べて欲しいというご主人の意図が隠されています。
ご飯の量は、調整可能です。

ランチとスィーツは日替わりなので、お店のブログを要チェック!
【BLOG】 http://c-macchinetta.jugem.jp/

お店は、基本的にご主人一人で切り盛りしています。
注文が集中した時は、かなり待たされる場合があります。
週末に行くなら、オーダーを待つ時間も楽しむつもりで行くことをお薦めします。

お店が混雑する可能性が高いのは、
水・土・日・祝日の12~16時だそうです。


私がmacchinetta さんに行く時は、
本を持参して2時間くらい過ごすつもりで行くか、混雑時間帯を避けます。
どうしても食べたいフードメニューがある時(期間限定ものetc.)は、11時台に行きます。

最近は、16時ごろに来店して、黄昏時を楽しむことが多いです。
店内を照らす光が、柔らかい日光から温かみのあるペンダントライトに変わっていく‥。
まったりした時間を過ごし、閉店間際になると、
お店の周囲が暗くなりすぎるのが、難点でしょうか?(笑)
でも、星は綺麗に見えます♪

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

大きな窓から外を見ると、小さな庭とテラス。
テラスの隅には、薪が積まれている。
店内に、小さな薪ストーブがあるからだ。
薪の種火を見ながらコーヒーを楽しめる時期は、もうすぐ。
冬が楽しみだ。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

【photo】
写真は、今後も少しずつアップ予定。

◆ カフェ・フレッド・シェケラート
微糖のエスプレッソと氷をカクテルのシェーカーに入れてシェークしたもの。

machinetta-menu


◆ アイス・カフェ・オ・レ
「かき混ぜるのがもったいない!」と思うほどの綺麗なマーブル模様。

machinetta-menu


◆鶏もも肉トマトソース煮
ナス、ズッキーニ、パプリカと合せたトマトソースで鶏もも肉を煮込んだもの。

machinetta-menu


◆牛スネ肉デミグラス煮
じっくり煮込んだ牛スネ肉をデミグラスソースとともに。
(ちなみに、ご飯の量は多めにして頂きました♪)

machinetta-menu


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
【お店の情報】

食べログの地図、Google map では
お店の正確な位置が表示されないようです(平成24年11月1日現在)。
私のblogに写真付きの道案内を載せてありますので、
そちらとお店のHPを参照して頂ければ幸いです。

◆道案内のページ
『caffe macchinetta への道標』
http://forest6pixy.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

◆薪ストーブの動画など
『ある冬の日のcaffe macchinetta』
http://forest6pixy.blog.fc2.com/blog-entry-34.html



caffe macchinetta



関連ランキング:カフェ | 茂原



最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。
下のブログランキングのバナーをクリックして頂けると、とても嬉しいです♪

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ にほんブログ村 千葉食べ歩き

検索フォーム

プロフィール

平田 実

Author:平田 実
日本野菜ソムリエ協会認定
野菜ソムリエプロ (中級・緑)

子供の頃はかなりの偏食。「サラダを食べなさい、なんて言う人は鬼!!」  そう思ってました。 それが今では野菜ソムリエ。人生、何が起こるか分からないものです。

四季折々の素材の味とハーモニーを楽しんだり、食に携わる人達と交流ができたり。好き嫌いを減らして色んなものが食べられるようになる楽しさを多くの人達に感じて欲しいと考えています。

カテゴリ

最新記事

カフェへの道しるべ

最新コメント

カウンター

ランキング参加中!!

月別アーカイブ

QRコード

QR

RSSリンクの表示

-----

筆者より

ここは、私の食関連レポートの公開書庫。野菜・果物、素敵なレストラン&カフェ、スポーツ栄養学etc.について、私自身が、「将来、もう一度読み返したい」と思えるような文章を書けたときに掲載しています。
更新頻度は、年に数回程度になると思いますが、気が向いた時に遊びに来ていただければ幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。